2017_12
31
(Sun)19:45

はじめまして

はじめまして!
埼玉県・入間市にある、ピアノ教室
”NIKI MUSIKHAUS”です。

ピアノのレッスンを通じて、
生徒さんの成長と
可能性を広げるサポートをしています。

小さなお子さまから、大人の方まで、
幅広い年代の生徒さんが通われています。
中学生、高校生になってもレッスンを継続する生徒さんが多いのも教室の特徴です。

詳しくは、教室HPをご覧ください。



募集中のレッスン時間帯

火曜日 15:00~、15:30~、16:00~

水曜日 15:00~、15:30~、16:00~、16:30~





大人のピアノレッスンは、1レッスン制です。
ご相談の上、曜日・時間を調整致します。

体験レッスンの予約やお問い合わせは、メールにてお願いいたします。
どうぞお気軽にご相談下さい。

rei.g.touch☆gmail.com


メールの際は、☆を@に変えてお送りください。
スポンサーサイト
2017_11
06
(Mon)09:36

ブルグミュラーコンクール地区予選の結果

秋のコンクール、ブルグミュラーコンクールの地区予選が終わりました。

教室からは3人の生徒がチャレンジ!

ブルグミュラーは、ピアノ学習者はだれもが通る道といっていいと思います。
練習曲なので、技術力アップのテーマになっていますが、
表現力をアップするためだとわかる、
共感できる内容なので、
みんなブルグミュラーは好んでやりますね(^^)

今回は、ブルグミュラーは始めて!
または練習した曲は数曲、
という3人だったので、Aコースでチャレンジしました。

音の粒をそろえるのに苦心したり、

左右(メロディと和声)のバランスに苦心したり、

音楽を前に進ませ、表現豊かに弾くには?と、

五感をフルに使って練習するのは、
なかなか大変だったと思います。

また、松本先生の特別レッスンも受けて、
3人とも「もうほとんどアドバイスすることはなくなったね。」
というところまで仕上げることができました。

次に繋がる一曲になりました。

思った通りにいかない部分もあったけれど、
予選通過という結果になった人も、

練習通りにできた!という人も、

練習した分を全部出しきれなかった…という人も、

結果は違えど、成長はみんな同じ。

特に、ブルグミュラーコンクールは、実力が拮抗していたので、

会場の雰囲気や審査員の先生方の違い、
参加者の違い、
色んな要素で結果が変わってくるなと痛感します。

結果が出た人も、惜しかった人も、
この経験をどう次に生かすか?というのは十分わかっていると思います。
得たものはあっても、失ったものは何もないのですから!

ゴールはずーっとずーっと先。
また”これから”に向かっていきましょう!!


ブルグミュラーコンクール2017東京大会

新宿地区
小3.4Aコース 奨励賞 1名

武蔵野地区
小3.4Aコース 優秀賞 2名  東京ファイナルへ進出

おめでとうございます!


2017_10
25
(Wed)11:00

クロワールエード(特別レッスン会)

10月も残り1週間をきりました。
教室にも「発表会リハーサルまでレッスンはあと〇回!」
の毎年恒例の掲示が出ました(^^♪

さて。
先日は今年、新たに取り組んだ「クロワールエード」がありました。

2017-10-15_09-02-56_077.jpeg

「クロワールエード」の”クロワール”は、
松本裕美子先生が主催するプライベートセミナーで、
2月から半年間、指導法について改めて学びました。
そして、その延長線上にあるのが「クロワールエード」になります。

「クロワールエード」では、
参加希望を募り、
今回は秋冬にコンクールを控えている生徒達を、
松本先生にレッスンしていただきました。
そして、私自身の指導の癖、今後に向けて心掛けていくところも、
カウンセリングしていただきました。

松本先生の全身で音のイメージを伝え、
すぐに直せなくても、良い音が出るまで粘り強く声をかけていく、

その姿勢に、
少し緊張しながらも、
とてもよく集中して一生懸命に取り組む生徒達。

聴講していた保護者の方からも、
後日、
「ものすごく楽しかったようで、帰ってからもすぐ練習していました!」

「先生の少しでもいい音を出して欲しい!という思いが伝わってきて、
レッスンを受けてよかったです。」

「連弾で音が合った時の迫力や楽しさが、見ているだけでもよくわかりました。」
などなど、
受けてよかった!という実感のこもった感想をいただきました。

同じ内容のアドバイスでも、
他の先生から指摘されると、いつも以上に耳に入りやすかったり(笑)

私も生徒達の様子を客観的に見ることや、
フィードバックをいただくことで、
より視野を広げ、多様な視点で指導する方策を発見し、
レッスンに落とし込んでいくことができる、

そんな貴重な機会になりました。

松本先生の音楽性、指導の実績を信頼できるからこそ、
お願いできることです。
本当にありがたいことですね。

今後も継続して取り組んでいきたい教室行事だと実感中です!

学びのチャンス、
成長のきっかけ、
楽しいこと!

は心のドアを開けて、自ら出向いてこそ出会えるもの。

そんなきっかけを持てる、風通しの良い教室でありたいと思います。

クロワールエード第2弾、また計画します♪お楽しみに。
2017_09
26
(Tue)08:38

①と②どっちの段階?

10月も目前!

教室全体としては、12月中旬の発表会に向かっているところで、
今は譜読み真っ最中の人が多いですね。

コツコツと進められる人もいれば、

難しいところから目をそらしてしまう人・・・

やっているのに、なんだか形にならなかったり、
定着しない人、

逆にスイッチが入れば短時間でものにしてしまう人、

生徒さんそれぞれです(笑)

大きく分ければ、この2タイプ。


①練習習慣をきっちりつける段階の人

②練習習慣はついているので、練習の質をあげる段階の人


①は、1週間の間に、どう過ごすか?が大切なので、

曜日ごとの練習時間帯を決める!

そして、小さな課題(目標)を設定して、実行しやすいようにし、
数日ごとに進捗状況を報告してもらう


地道に取り組み中デス。


②は、何を心がけて練習をするか、が大切なので、

私の伝え方を工夫し(話し方も書き込みも色々)、

生徒さんにもレッスン中にしつこく確認してポイントを理解してもらう、

考えることの必要性と大切さを伝え続けています。

そして、自分でメモすることで意識的に取り組むことを目指します。



①も②も、

ピアノ以外にも生きる取り組みですよね。

①は勉強習慣に置き換えられますし、

②は勉強の進め方や内容次第で、成績の伸びが違ってくるのと同じ。


でも何より大事なのは、やらされ感やとりあえず・・・ではなく、

練習時間の多い少ないでもなく、


自分から向き合ってやっているか?

その差を感じています。


うまく弾けていなくても、

自主的に宿題以上の譜読みをしてきたり、

参考になる音源を聴いてみたり、

わからなくて、連絡をしてきたり、


そんな取り組みをしている人は、30分のレッスンが充実したものになります。

ちゃんと向き合っているかどうか?


発表会は(コンクールも)、そのきっかけになりやすいのです。

「この曲弾けるようになりたい!」

「上手に弾きたいな!」

そういう思いが湧いてきたら、自分で向き合うようになります。


向き合うタイミングは、全員ちがうので、

必要なアプローチは欠かさずに、根気よく見守り続ける。

お花が咲くことと同じですね!



さて。
10月は、どんな成長を見せてくれるでしょうか♪



2017_09
10
(Sun)22:55

入賞者コンサートに参加してきました

9月は、学校行事が多い時期。
そして、残暑厳しい夏・・・

そんな中でも、生徒さんはみんな元気!元気!
夏バテしらずのみなさんに感心しているところです。

教室は、普段通りに通常レッスン、ソルフェージュレッスン、
そして、今年は10月にアドバイスレッスンの計画も急遽決定!

さらに、秋のブルグミュラーコンクール、年末のカワイ音楽コンクール、
12月の教室発表会に向けて、大忙しの日々です♪

そして今日は、
4月にカワイこどもコンクール関東大会で、見事入賞したYくんが出演する、
入賞者コンサートに参加してきました。

コンサートのために選曲した連弾曲を、
2か月でギュッと集中して仕上げてのぞみました。

今日が一番の出来でしたね!!ブラボー!

自主的に練習動画を送ってきてくれたり、
お母様の協力も素晴らしいYくん♪

いっしょに弾くのがとても楽しい本番になりました。

この調子で、ぐんぐんピアノ楽しい!という気持ちを育てていってくださいね。

お疲れ様でした。
また、このようなご褒美のコンサートに参加したいですね!



»