2017_05
16
(Tue)08:50

小さな生徒さんの奮闘

一番過ごしやすい、そんな時期ですね。
連休が明けて、学生の生徒さんたちは夏休みまで走っていかなくてはですね(*^^*)

教室では、6月の飯能ステップに向けて、
またピティナコンペやグレンツェンに向けてみなさん頑張っているところです。

昨日のレッスンでのこと。
初めてステップ参加する年長男子くん。

一生懸命に音符を読み、音にすることが楽しい時期です。
ステップで弾く曲を練習中、
音符を読んで弾き進めていくものの、
まだ新しい曲ですし、指への命令がスムーズにいかず、
少し間が空いてしまったり、弾き間違えてしまいます。

それが、もう悔しくて悔しくて!

きゅっと口を真一文字に結び、何度も何度もトライ。

もうその様子だけでも拍手!!

私は、必死になってだんだんと速くなるテンポを抑えてあげたり、
考えるタイミングを声がけするのみで、
見守り続けます。

そして、彼にとってはこれまでで一番長い曲を、
バッチリ弾き切った瞬間の、達成感。
それは、小さな生徒さんだって、しっかり実感するのです。

楽譜に、

「とってもがんばった!」

と自ら書き込み、レッスン終了(笑)

こういう時間、最高です(#^^#)

こんな小さな達成感や頑張りが積み重なることで、
楽しいピアノライフが定着しますね。
今後が改めて楽しみになりました。

今日も、どんなレッスンが待っているのか?!

スポンサーサイト
2017_03
12
(Sun)16:16

2016年度最後のソルフェージュレッスン

土曜日は、今年度最後のソルフェージュレッスンを行いました。

毎回の宿題も定着してきて、
やり忘れもほとんどなくなりましたね。

両グループとも、今月のテーマの他に、1年の振り返りをしました。
レッスンで学んできたことを書き出して、
復習してみると・・・
1か月1回とはいえ、色々なことを学ぶことができました。

始めは聴音をするための準備にも、
何分も時間がかかっていましたね(^-^;

他人行儀な外国語のように捉えていた楽語も、
アルファベットを使って書くことも厭わなくなりました。

みんなの前で初見奏することも、抵抗感は残りつつも、
さっと動けるようにもなりました(笑)

ポリフォニーの曲にもだいぶ慣れてきました。
目指せ、インベンションです!

少しずつでも積み重ねの意義を感じているところです。

頑張ったしるし、ということで、
お手製ですが簡単な「修了証」を一人ずつ渡して、
今年度最後のソルフェージュは終わり。

またしても写真を撮り忘れてしまいましたーー(泣)

来年度も、希望者が集まれば開講予定です


2016_06
16
(Thu)08:56

6月のソルフェージュレッスン

曇り空が続いていますが、
気持ちはブレずに、軽やかにいきたいですね。

今週末は、いよいよ26日の飯能ステップに向けて、教室リハーサルがあります。
曲の仕上げも、進んできました。

今週は、ipadminiを使って、録画→振り返りをしています。
これが、効果絶大!

みんな、ぐんと変わります。

言われなくても、自分で気が付き、自分で良くしていこうとします。

ぜひ、自宅練習でもこまめにやってみてください。


前置きが長くなりましたが、
先週末のソルフェージュレッスンのご報告です。

今月から、学年により2グループに分けてのレッスンとしました。

4,5年生チームは、バイエルの連弾曲を使って、
初見奏、音価の確認をしたり、

音階を使っての拍子感の違いを体感したり、指揮をつけるなど。

最後は、音名カードを使ってのババ抜き。
これが、結構、難度が高く、頭をたくさん使いました(笑)

時間が足りず、アナリーゼができなかったのが本当に残念!


2,3年生チームは、視唱やリズムと言葉遊び、
ポリフォニーの曲の初見奏、
音名カードを使っての神経衰弱、

やはり、この神経衰弱も難度が高かったらしく・・・

ということは、読譜能力のアップが必須というのが、
今回も痛感したところです。

でも、先月の宿題曲をほとんどの生徒さんがやってきてくれて、good job!


1時間レッスンが、あっという間で、みんな集中して取り組んでくれるので、
月1回というのが何とも惜しいところです。

来月も、楽しく充実した時間になるように、
考えていきます!!


2016_05
17
(Tue)08:53

第1回ソルフェージュレッスン

今日は雨模様の一日になりそうですね。

5月も半ばを過ぎ、そろそろ来月末のステップが近づいてきました。
ちょっと加速していきましょう。

今日は先日行った、ソルフェージュクラス第1回目の様子をお知らせします。

今年度からスタートしたソルフェージュクラスは、
11人の生徒さんと共に始動しました。

体験会を行った時も実感しましたが、
やる、やらないでは大きな違いがある、大きな即効性はなくても、
これは続けていくと、きっと演奏面、練習のモチベーション、
コミュニケーションなどなど、良い効果が色々な面で表れてきそうです。

体験会に参加した生徒さんは、
前回は、あれだけてんやわんやになってしまったことも、
「あ!これやった!」「これわかる!」と、ささっと取り組んだり自信をもってやるなど、
積極的で、吸収が良い!

歌の声の大きさもアップ。

チェーンカノンの簡単な導入、
ポリフォニーの曲を歌ったり、二人で連弾、
聴き取り、書き取り、
曲名あてクイズで想像力を働かせました。

また、私個人としては、
通常のレッスンとは違う一面を色々とみることができた点が、
面白かったです。

周囲を気遣うことができる人、
グループだといつも以上に積極的に学ぶ気持ちが増える人など、

生徒さんの良い面をたくさん発見!

協力しながら一緒に学ぶことで、
仲間意識も少しずつ育っている様子です。

はにかみながらも、みんなの前でピアノを弾いたり、歌ったりすることも、
自信につながっていきそうです。


何より、このクラスで勉強したことが、
通常のレッスンで、時間をかけて説明しなくても、
簡単なヒントで理解していける、

効率のよい、充実した個人レッスンに繋げていけそうだ、
それには、私自身のアプローチもさらに工夫する必要があるのですが、
予想通り、効果が出そうな感覚を持ちました。

年末の発表会では、
このソルフェージュチームとしても、
一つの発表ができるといいなと考えているところです♪


来月は、6月の第二土曜日に行う予定です。
お楽しみに!
2016_03
08
(Tue)13:16

生徒さんからのお手紙

今日は、気温もあがって、春が来ているのが感じられますね。
花粉は困りますが、暖かいとフットワークも軽くなる気がします。

今日は、生徒さんからもらった可愛いお手紙のご紹介☆

姉妹でレッスンに来ているKちゃんから、
「はい、先生おてがみ!」

お手紙をもらうと、その場で読もうか、後で読もうか、いつも迷ってしまいます(笑)
今回は、その日のレッスンが終わってから、ゆっくり開けました。

Kちゃんの元気な様子、それからレッスンのこと、
嬉しい言葉など色々ありましたが、
その中で、「○○がなかなか合格にならなくて、かなしい。」という一文もありました。

こちらが思う以上に、生徒さんみんな、練習してきた曲は、
やっぱり花マルもらいたいのですよね。

宿題の曲が、合格にならなかったとき、
なぜ曲は花マルではないのか、
次回まで、どうしたらよいか、練習方法を伝えます。

それでも、定着まで時間のかかることもあります。
そんな時は、連続で宿題になることも、もちろん多々あります。

それを、まったくもって気にしない人もいれば・・・
こうして、気にしてくれて、

「でも、がんばります!」と書いてくれて、

その通り、この日は合格になったKちゃん。

お手紙をレッスン後に読んで、
”今日は合格できてよかったねー”と心から私も安堵したのでした(*^_^*)


»