2017_10
25
(Wed)11:00

クロワールエード(特別レッスン会)

10月も残り1週間をきりました。
教室にも「発表会リハーサルまでレッスンはあと〇回!」
の毎年恒例の掲示が出ました(^^♪

さて。
先日は今年、新たに取り組んだ「クロワールエード」がありました。

2017-10-15_09-02-56_077.jpeg

「クロワールエード」の”クロワール”は、
松本裕美子先生が主催するプライベートセミナーで、
2月から半年間、指導法について改めて学びました。
そして、その延長線上にあるのが「クロワールエード」になります。

「クロワールエード」では、
参加希望を募り、
今回は秋冬にコンクールを控えている生徒達を、
松本先生にレッスンしていただきました。
そして、私自身の指導の癖、今後に向けて心掛けていくところも、
カウンセリングしていただきました。

松本先生の全身で音のイメージを伝え、
すぐに直せなくても、良い音が出るまで粘り強く声をかけていく、

その姿勢に、
少し緊張しながらも、
とてもよく集中して一生懸命に取り組む生徒達。

聴講していた保護者の方からも、
後日、
「ものすごく楽しかったようで、帰ってからもすぐ練習していました!」

「先生の少しでもいい音を出して欲しい!という思いが伝わってきて、
レッスンを受けてよかったです。」

「連弾で音が合った時の迫力や楽しさが、見ているだけでもよくわかりました。」
などなど、
受けてよかった!という実感のこもった感想をいただきました。

同じ内容のアドバイスでも、
他の先生から指摘されると、いつも以上に耳に入りやすかったり(笑)

私も生徒達の様子を客観的に見ることや、
フィードバックをいただくことで、
より視野を広げ、多様な視点で指導する方策を発見し、
レッスンに落とし込んでいくことができる、

そんな貴重な機会になりました。

松本先生の音楽性、指導の実績を信頼できるからこそ、
お願いできることです。
本当にありがたいことですね。

今後も継続して取り組んでいきたい教室行事だと実感中です!

学びのチャンス、
成長のきっかけ、
楽しいこと!

は心のドアを開けて、自ら出向いてこそ出会えるもの。

そんなきっかけを持てる、風通しの良い教室でありたいと思います。

クロワールエード第2弾、また計画します♪お楽しみに。
スポンサーサイト
2017_07
25
(Tue)10:36

夏のコンクールに向けてリハーサル会をしました

夏休みですねー、子供たちのみなさんは。
あちらこちらでお子さん、そして頑張っているお母さんを見かける時期(^-^;

夏休みまっさかりですが、
ピアノを習っている子達、それもコンクールを目指している子達にとって、
夏は一番忙しい時期かもしれませんね。

日曜日は、そんな子供たちを集めて定期的に行っている、
コンクール前のリハーサル会を指導者仲間の先生方とご一緒に行いました。

気が付けばもう14回目です。

今回は、常連の人、初めてさん、大人の方も参加されました。

練習はしていたけれど経験不足があらわになってしまった生徒さんは、
いい経験と気づきが得られましたね。

本番を想定して練習することの必要性、大切さを実感できたと思います。

常連さんは、自分の力を出すことが目標とわかっている様子が見てとれました。


そして、もしかしたら周囲は、夏休みを満喫していて、
そんな中で練習するのは・・・と思っていた人も、

あの場に来ると、仲間がいること、
みんなも頑張っていること、

を本人も保護者の方も実感できたことと思います(^^)

暑い夏の過ごし方、
色々あると思いますが、

一生懸命に本番に向けて努力する熱い日々も、
いいものではないかと思っています。

2017-07-25_09-16-09_774.jpeg
2017_07
10
(Mon)08:52

3回目の飯能ステップ終了!

暑さが厳しくなってきました。
教室では、無事に飯能ステップが終わり、
ホッとする間もなく、
今はコンクールに向けて熱く頑張っている生徒さんがいます。

飯能ステップでは、コツコツ頑張った成果を出せた人も、
直前の頑張りで形にした人も、
それぞれではありましたが、
継続して参加することによって、一昨年、昨年よりも仕上がりが良かった人が多く、
それに伴って評価も上がりましたね!

「Sがあった!」

「Sはなかったけれど、全部Aだったの!」

結果がすべてではないですよ、といつもお話していますが、
頑張った分、結果がついてくることは、
素直にうれしいですよね。
特に、今回はみなさん本当に素晴らしい結果でしたね。

改めて、メッセージ用紙を一緒に読みながら、
今後の課題を確認しました。

みなさんの根本的な良いとところ、

これからさらに身に着けていくべきこと、

私自身も読みながら、
「やはり!」
と思うことばかりで、今後のレッスンに生かしていこうと思う内容ばかりでした。


積極的なスタンスでいれば、
今は、たくさんの学ぶ機会が用意されています。

機会をチャンスと捉えるのか、大変だと捉えるかで、
楽しさも成長も大きく変わってくると思います。

引き続き、生徒さん達と色んな形で学びを楽しんでいきたいです!

2017_06
19
(Mon)10:15

ステップリハーサルをしました

佳境です!
12月の発表会、6月のステップが教室として大きな行事になっていますが、
そのステップもいよいよ今週末。

練習はなかなか順調ぞろい!

今回は17名が参加予定(そのうち一人は、私です)。
昨日は、予定より少し遅くなりましたが、リハーサルを行いました。

集中して聴くために、
そして、思ったこと感じたことを言葉にする練習として、
演奏者全員に対して、今回もコメント書いてもらいました。

良かった点やアドバイスのコメントを読んでみたところ、
面白いもので、みなさん自分がレッスンで言われていることが頭に残っているのか、
自分が指摘されていることを、お友達にもアドバイスしていました(笑)

また、そろそろ自分で椅子の調整もできるようになった方がいいので、
それも練習。

お辞儀をした後の動き、
椅子の調整、
まだちょっとドキマギしていますね。
レッスンでも再確認しましょう。

1時間半、聴いて、コメントを書き、聴いて、コメントを書き…

じっと聴くのがまだまだつらい幼児さんは、
たびたび注意を受けつつも(それも含めて練習、リハーサルです)、
小学生以上の生徒さんは、よく耳を傾けられるようになってきました。

さぁ、今週は最後のレッスンです!!


2017_03
28
(Tue)13:13

春のグループレッスン 1回目

今年も春休みを利用して、春のグループレッスンを行いました。
なるべく、たくさんの生徒さんが参加できるよう、
希望日のアンケートをとり、2チームに分けて、今日はその1回目。

テーマは、「モーツァルトってどんな人?」。

昨年は、音楽の父バッハを取り上げバッハトリビアに盛り上がりました。

今年も、モーツァルトについてのクイズを混ぜながら、
生涯を追いました。
普段、聴きなれないカタカナの固有名詞(地名や名前)に少し苦戦しながらも、
天才ぶりに驚いたり、人間くさい部分にへぇーっとなったりしながら、
楽しく知ることができましたね。

たくさんたくさんある曲の中から、
レクイエムの一部、そしてピアノ曲を3曲紹介しました。

そのあとは、モーツァルトが6才で作曲したといわれているメヌエットを写譜!
わー、大変だといいながら、みんなよく集中して写していて、驚きました。
書くと、楽譜の仕組みや音符を少しずつ仲良くなれると思います。

おやつを食べ、みんなでカードゲーム、ボードゲームで遊んでお開き。

とても楽しい2時間でした!

2グループ目も今から楽しみです♪

»