2017_03
29
(Wed)09:08

グレンツェン 関東地区大会

年度末、年間レッスン回数がすでに終わった曜日は、
レッスンがない月末です。
少々さびしいです(^-^;

年度末といえば、ここ数年恒例となったグレンツェンピアノコンクールの
地区大会があります。
今年も、地区予選、地区本選、そして関東地区大会と進んできた二人の生徒さんが
挑戦しました。

ポリフォニーの課題曲を一音一音に磨きをかけて、
メロデイー同士が会話しているように弾くことを目指した生徒さん、

タイトルのイメージを十分に表現できるように、
アルペジオやスケールを丁寧に練習してきた生徒さん。

コンクールのいいところは、
曲を掘り下げて学べるところにありますね。
コンクール用に曲を作り上げるのではなく、
次の曲に繋がる学びにしよう、
課題曲ですからたとえ好みに合わない曲でも、
みんな念入りに頑張りますから(笑)
基本的なこと(拍子感、フレーズ感、テクニックなど)をしつこく
しつこくレッスンできます(^^)

2人とも今後に繋がる曲になりました。

第26回 グレンツェンピアノコンクール関東地区大会
小学1.2年Bコース 優秀賞 1名
小学5.6年Aコース 準優秀賞 1名

おめでとうございます!


スポンサーサイト
2017_01
10
(Tue)09:26

かがやき

今日から新学期の生徒さんも多いようですね。また

また一日、一日を丁寧に積み重ねていく日々。

そんな毎日の積み重ねがあり、
年末年始、ステージで輝いた生徒さん達。

コンクールは、いつも思い通りの結果や演奏になる訳ではありません。

だからこそ、結果にとらわれずに、

チャレンジすることにまず大きな意味があって、
そしてステージで自分のやってきたことをしっかり出せることを目指す

それだけを考えようと、レッスンではお伝えしています。

今回も、それを目指して当日、一番の演奏が出来た人、
頑張った分が十分に出なくて、悔しい思いをした人、

それぞれの思いがありました。

努力を重ねた生徒さん達は、演奏後、ホッしながらも
みんな凛々しい顔をしていて、
自信が増えたのがとても伝わってきました。

私自身も、生徒さん達の本番が自分のやってきたことの通信簿。

手ごたえもあれば、まだまだ学ぶ必要があることも見えて、
こうして、一緒にチャレンジできることは、毎回、毎回感謝の思いです。

ステージに立つことで、どんどんとしなやかに強くなっていくみんな。

今年も、そのような姿がたくさん見られますように!


カワイこどもコンクール 川越予選会
連弾の部Cコース・入賞1名(関東大会へ、入賞者コンサートへ)
連弾の部Bコース・入賞1名(関東大会へ、入賞者コンサートへ)、奨励賞1名
連弾の部Aコース・入選1名(入賞者コンサートへ)、奨励賞1名

グレンツェンピアノコンクール 東京本選・埼玉本選
小5.6年生Bコース・準優秀賞1名(地区大会へ)
小1.2年生Bコース・準優秀賞1名(地区大会へ)