2014_09
27
(Sat)00:05

出張リトミック

久しぶりに、子育て支援センターでリトミックをしてきました♪

息子がたまたま学校の都合でお休みだったため、
今回は、アシスタントとして連れていきました。

息子にとっても、このセンターは、小さいころよーく遊んだ場で、
お世話になった先生もいらして、
少しでも恩返しができたらいいなぁと思ったからです。

小物楽器(タンバリン、カスタネットなど)の紹介から、
その音にしっかり反応し、
わぁ、鳴らしてみたい!さわってみたい!という思いがいっぱいに。

即時反応では、お母様も笑顔で真剣に取り組む様子に、
思わず、ブラボー!

高低の音をテーマに、小鳥の歌や象さんの歌、
秋にちなんで、虫の声を楽器で、
最後は、長いロープをくねくね橋に見立てて、
上手に渡ってみました。

真剣で輝く目、
興味を持って、取り組む様子に、
いつもながらにたくさんの元気を私の方がもらいました。

音楽は、誰にでも平等に、
そして、音の持つ魅力に興味を持たない子はいませんね。

音楽を仕事にしていて、本当に良かった、
そう思った時間でした。

みなさま、ありがとうございました☆

リトミック (2)
スポンサーサイト
2014_05
28
(Wed)09:01

リトミック講座と嬉しい報告

今朝もすっきりしない曇り空・・・
ですが、午前中は指導者仲間との打合せ、
午後も、通常通り楽しいレッスンの予定です。

昨日は、息子が0歳の頃からお世話になっていて、
幼稚園に入ってからは、
年に数回、リトミックのミニ講座を担当させてもらっている子育て支援センターに、
行ってきました。

5月は、中旬にベビーリトミック、
昨日は1歳半~2歳半対象と、2回行いました。

嬉しいことに、ベビーの時に参加した親子さんが、
「楽しかったから!」と対象年齢からは外れていたものの、
再度、参加してくださったこと。

お手伝いくださった支援センターの先生のお陰もあり、
子供達の素直な反応が可愛すぎて、
お母様の笑顔も多く見られて、
そして、子供達の可能性に、スタッフさんも驚き、喜んでくださった時間となりました。

まだまだ、つい言葉で説明に走りがちになり、
反省する点も多々ありますが、
良かった!という反応をストレートに頂けるのは、
嬉しいかぎりです。


そしてそして!
昨日は、もう1つ嬉しいことが!

高校入学を期に、レッスンをお休みしていた生徒さんが、
復帰することになりました☆

幼稚園の頃から、成長をみつめてきた生徒さん、
レッスンを続けている弟君に刺激されたのもあるようです(笑)

また一緒に良い時間を過ごしていきたいと思います。
2013_06
10
(Mon)23:01

リトミック週間

先週は、リトミックウィークのような1週間でした。

単発で2歳児のリトミックが2日間。

導入で、タンバリン・トライアングル・ハーモニカの音を聴いたり、
実際に音を出してみたのですが、
その時の、子供達の興味深々のキラキラした目!

即時反応で、一生懸命に体をコントロールしようとしている姿!

全身で感じ取る、
楽しむ、
耳を澄ます、

エンターテイメントや娯楽とは違う、「楽しさ」を、
たくさんたくさん実感して、
育って欲しいなぁと思いました。


そして日曜日は、
小学校の恩師によるリトミックの公開レッスンに、
生徒役の息子と参加してきました。

あっという間に子供達を引きつけて、
拍を一定に保つ練習や、
全身で、またスティックを叩いて様々な拍子を感じる、
サウンドブロックで、音階を確認して、
即興演奏に繋げていく、

それらを、終始、笑顔と真剣さと集中を持って、
取り組んでいる子供達。


でも、先生は、提示はしますが、指示しません。
否定もしません。
自分でミスに気がついたり、
難しいくて出来ないことを、少しずつ自分なりに修正していったり、

”自分の意志を育てるリトミック”がそこにありました。


個人的にも、親子二代で先生のリトミックを受けられたこと、
本当に感激でした。

幼い頃からピアノに向かってきましたが、
でも、私の音楽のイメージの原点は、
先生のリトミックにあるように思っています。


一緒に見学した友人が、
「先生がいたから、私達はリトミックが大好きなんだよね。
私達も、生徒達に、そう思ってもらえる指導者になりたいね。」

といっていました。

本当にその通りだなと思ったひと時でした。








2012_02
13
(Mon)14:56

出張リトミック

先週、子供が以前お世話になっていた幼児クラブに、
リトミックの講師として参加してきました。
(ボランティアです)

年に3回ほど、お手伝いに行っていますが、
今回は3歳半~4歳半の子供たちが集まっていました。


色んな打楽器に耳を澄ませてみたり、
指示をよく聞きながら、簡単なビート打をしたり、

手遊び、即時反応、音の高低あてクイズ、
リトミックスカーフを使ってのイメージ活動など、
気がつけば、30分の予定が40分に・・・

でも、それだけみんな集中して参加してくれたということ!
(嬉しいなぁ)


目をキラっと輝かせた瞬間、嬉しそうに音や歌にあわせて体が動く感覚、
時間が経つにつれて、和んでくる場の雰囲気・・・

定期的なレッスンとは違って、
単発の集まりは、
色んな引き出しがなくてはいけないし、
ドキドキしつつも、観察する目もしっかり持っていないといけませんし、
真剣勝負、といった感じです!


子供達は、楽しければ食いついてきますし、
つまらないと思えば、飽きる様子が、
顕著ですからね。


また来年度も楽しみです