2010_08
30
(Mon)14:02

ハトのヒナ

週末、家を空けている間に、
庭の木に巣をつくり、お母さんハトが温めていたハトの卵から

ヒナが産まれていました!!


moblog_f6a5f098.jpg


毛は、ヒヨコのように黄色い毛が混じっていて、
でも、ちっとも鳴きません。

あまり覗き込むと、お母さんハトが怒りそうなので、
もうちょっと、どんな顔をしているのか見てみたいのですが、
今のところは、このあたりで我慢。


moblog_b410aa94.jpg



引き続き、巣立つまで見守っていきま~す
スポンサーサイト
2010_08
27
(Fri)13:51

今年は、CHOPINイヤーです!

最近、レッスンの時に
「水曜日の夜10時って、何してる?」という質問をすることがあります。

みんな「そろそろ寝る時間だから・・・」と、
何ともエライ答えが!
そうですよね。

なぜ、そんな質問をするのかというと、

8月からNHK教育テレビで
「ピアノ初心者にも弾けるショパン」という番組が始まったから。
詳しくは、コチラ

初心者、とタイトルにあるように、
もちろん原曲ではなく、簡単にアレンジした曲を使いながら、
ショパンの曲にチャレンジする、という番組です。


オジサマの生徒さんが冷や汗をかきながら、
一生懸命に音を追う姿に、こちらもヒヤヒヤ。
先生役である、ピアニストの仲道郁代さんの、
優しい口調ながらも厳しい指摘のレッスンぶり。

日頃、他の先生のレッスン風景を見る機会があまりないので、
興味深くもあります。


ピアノを習っているなら、

いつかは、
ショパンを弾けるようになりたい!!


とういう思いは、レッスンを続けていくにつれて、
膨らんでいくことでしょう。

もちろん、私自身も、始めて先生からショパンの課題を頂いた時には、
本当に嬉しかった思い出があります。
でも、嬉しかったのは、最初だけ。
なかなか理想通りに弾けないことに、
歯がゆく、涙したこともありましたっけ。。。

それでも、ワルツ、ポロネーズ、即興曲と
弾けるものが少しずつ増えて行く時の喜びは、
今、思い出してもワクワクするものです。


年齢は関係なく、ピアノって楽しい!と思っている生徒さんには、
いつかショパンの世界を味わって欲しい!!

それまで、やっぱり

自分のペースでいいので、勉強を続けて欲しいなぁ、
テレビを見ながら、そんなことを思います。


でも、待ちきれない、どうしても今すぐ弾きたい!という方は、
この番組のように、簡単にアレンジしたもので、
少しでも味わってみる、ということも出来ます。
テキストの発売されていますので。)


2010年は、ショパン生誕200年のメモリアル・イヤーです。
教室にも、CDや関連本を置いてありますので、
ぜひ、手にとって見てください
2010_08
25
(Wed)22:47

ブログ始めてから

今年の夏休みは、今日まで!という生徒さんも多いですね。
まだまだ厳しい暑さが続いていますが、
まずは、元気に、運動会まで乗り切れるといいですね。

さて。
お盆休み明けから配り始めたレッスン便りに、
このブログの紹介をしたのですが、

コメントをもらったり、
「ブログにのっていたハトはどこですか?」など、
早速、反応が!!

まだ、ちょっと照れる気持ちもありつつ、
やっぱりとっても嬉しいものです
ありがとうございます。

レッスンでもコミニュケーションをとろうと心掛けているつもりですが、
(生徒さんとお話するのが、好き、というのもありますが)
このブログを通して、また違う角度から、コミュニケーションを深められたらと思います。

2010_08
24
(Tue)22:26

イタリアンパセリ2

今日も厳しい暑さでしたね!

さて。
先日、種をまいた「イタリアンパセリ」。

その時の状態は、コチラ

レッスン室に鉢を置いて、一週間あまり。
無事に、発芽しました~!!




「ダメダメ~!」
飼い猫が、食べようとしたので、写真がブレました


アップで。

moblog_8837bad0.jpg


ひょろひょろですね。

この後、順調に育つでしょうか?!

この暑さ、水遣りを忘れないようにしなくては!
2010_08
22
(Sun)21:20

高尾山と我が家のハト

高尾山に行ってきました。
小学生の時に、遠足で山登りをした記憶があります。

3才のリュウトを連れて登るのは難しいので、
今日はケーブルカーに乗りました。

moblog_e771f739.jpg

途中から、なかなかの急勾配(日本一だそうです)。


ケーブルカーを降りると、
そこは、話題のビアガーデンが!!
と言っても、これもちょっと無理なので

「おさる園」へ。


飼育員さんの面白い話と、
赤ちゃんサルのかわいさに、
思った以上に楽しめました。



サルは、200種類いて、
日本ザルは、一番最北端にいるサルだそうです。
なので、暑いのが苦手。
雷も苦手(笑)。
尻尾の短いのも特徴だそうです。
でも、ボスザルだけは、ちょっと長め。
尻尾の上げ下げで、格を表したり、謝罪したりするのだそうです。
普段は、何と昆虫を食べ、好物は、春にしか食べられない鳥の卵。

そういえば、
我が家の庭に、最近ハトが住んでいるのです。
10日ほど前に、モクレンの木に巣を作って、
ハトが鎮座・・・。
卵を温めている模様。

moblog_af7eab37.jpg



調べると、20日ほどで、ヒナが生まれ、
40日ほどで巣立っていくそうです。

それまで、そっと見守るしかなさそうです。

興味のある方は、レッスンのついでに、
そーっと(あまり覗き込むと威嚇されます)、見てみてくださいね。