2015_03
30
(Mon)01:46

グレンツェン関東大会速報2

東京も桜満開のニュースが出ていましたね。
今日寄った浜離宮恩寵庭園は、まだ五部咲きといった感じでしたが・・・。

水曜日から始まった、グレンツェンピアノコンクール関東大会、
今日は小学1,2年Bコース、
中学生Bコースの日でした。

小学1,2年Bコース 準優秀賞1名
中学Bコース 準優秀賞3名

ここまで、全員入賞です!

もちろん、もっと上の賞を狙っていた生徒さんもいますね。
私自身も、全員に対して、もっと努力出来たのでは??
と思わないわけではありません。

でも、今日、演奏を聴いていて思ったこと。

「ここまでよく頑張ってピアノを続けてきてくれましたね。
ありがとう。」

そんな思いで一杯になりました。

ステージ上で真摯にピアノに向き合っている姿を見たら、
ピアノが好きな気持ち、
まっすぐな思いが伝わってきて、じーんとしていました。

コンクールは、結果ではない。

いつもお伝えすることですね。
一緒に、レッスンしながら音楽をして、そして、
色々な思いを共有することができる喜びを改めて感じています。




スポンサーサイト
2015_03
27
(Fri)09:02

コンペ課題曲セミナーへ

朝ドラを見て、涙した今朝です。。。

さて、火曜日は「ピティナコンペ課題曲で学ぼう!遊ぼう!」というセミナーに行ってきました。
講師は、飯能ミュジークフォレの立ち上げに尽力いただいたり、
公開レッスン等でお世話になった多喜先生!

課題曲セミナーというと、
候補曲の中で、何を選んだらよいか?勝負曲は?
演奏のポイントは?
ということがクローズアップされますが・・・

今回のセミナーは、もっと根本の、
音楽をレッスンするというのは、どういうことか?
コンクールのための練習ではなく、
音楽を学ぶためのレッスンとは何か?

大事なことを実感することができました。

コンペに挑戦すれば着実に上達します。
でも、コンペのための弾き方、練習をしたら、
その時は良かったとしても、
その先・・・

音楽を好きになって欲しい、
ピアノ、音楽が一生の友にとなり豊かな人生を、
ピアノが弾ける喜びを味わう、

そこを見失わずに、
コンクール挑戦をその先の実りあるレッスンに繋げる思いを、
指導者は見失ってはいけないのだなと思います。

生徒さんをコンクールに参加させることは、
正直、指導者として常にプレッシャーを感じています。
生徒さんにとって、意味のある時間、経験に繋げるには、
どうしたらいいか?
考え続ける日々です。

でも、みなさんに提案しているのは、
本筋を忘れなければ、
可能性を伸ばし、上達の助けになり、
自信に繋がっていくからです。
失うものはないのです。


音楽の美しさ、面白さを学び、伝え、遊ぶ、
コンクールの課題曲といえども、
レッスンですることは同じ。

セミナー後、多喜先生のブレない姿勢のおかげで、
肩の力が少し抜けました。

ちょうどグレンツェンの関東大会目前でもあり、
また夏のコンペ、グレンツェンの始動時期でもある今。
本当に参加してよかったセミナーでした。

2015_03
26
(Thu)09:46

グレンツェン関東大会速報

3月も残り数日。
近隣の小・中学校もそろそろ春休みになりますね。

嬉しいお知らせが届きました!

グレンツェンピアノコンクール関東大会
幼児Aコースに参加した生徒さんが、
見事、”優秀賞”に選ばれました!!

おめでとうございます

1年前と比べて、予選、本選、関東大会、
それに伴って、リハーサル会、
発表会と本番を重ねてきた経験や、
日頃の練習は、生徒さんをしっかりステップアップへと導きました。

今回は、体調が本調子ではないため、
付添いができず、演奏が聴けなかったのはとても残念ですが、
次回のレッスンで感想を聴いてみたいと思います。

次は、日曜日、月曜日に小学生、中学生の関東大会が続きます。

後に続いていきましょう!

2015_03
12
(Thu)08:47

ステップ「お話しとピアノ」選曲会

火曜日から、「春のお楽しみ企画」として、
「楽器博物館見学」についてのお手紙を配布しています。

どうぞ目をお通しくださいね。

さて、先日の日曜日は午前中に詩音の会のリハーサル会、
そして、午後は、
6月に行なわれる飯能ステップでの「お話しとピアノ」というオプション企画の、
選曲会がありました。

この企画では、”おくむさしのてんぐ”という飯能の民話を
大きな布芝居を舞台上で見せながら、
プロの朗読者に語ってもらう間に、
場面に合わせて、ピアノの演奏をします。

曲は、既成の曲。
ですが、お話しの場面をイメージしながら選んだ曲は、
さも、そのお話しのために書かれたように聴こえてきて、
より、音楽が豊かに心に訴えてきます。

教室から嬉しいことに、2人の生徒さんが参加する予定になっていたので、
今月初めから、楽譜を引っ張り出して、
候補の曲を探す日々。

絞りこんだ曲を生徒さんと相談して、
中でも、一番ふさわしい!と思われるものを決めておきました。

2人とも、さほど迷うことなく、
「これがいいと思う。」とちゃんと意見を持つことができます。

選曲会では、他の参加者のみなさんにも、
納得してもらうことができました。

また、自分が担当する場面以外の音楽も知ることができました。

いつもは、1人で作り上げる演奏。
ですが、今回は、仲間との共同作業で、1つの大きな作品に仕上げていきます。
本番を経験して、生徒さんが、どんな感想を持つのか、
今からとても楽しみです。


*23ステップの方は、引き続き参加者を募集中です。
参加希望の方は、ご連絡ください♪

2015_03
10
(Tue)12:45

リハーサル会

今日は風が強いですね。
ここ数日、花粉症がひどくなったので、外に出るのがためらわれます。

日曜日、入間市のAMIGO!スタジオで、
詩音の会主催のリハーサル会を行ないました。

主に、グレンツェンピアノコンクール関東大会にエントリーしている生徒さんが集まっての、弾き合い会。
教室からは、2名欠席だったので4名の生徒さんが参加しました。

月末にある関東大会に向けて、
現在の仕上がり具合、そして人前で弾く感覚の確認、
仲間との交流で良い刺激をもらって、
練習に弾みをつけられたでしょうか。

予選、本選、関東大会まで来ると、
自覚や自信がついてきたのが伝わってきますね。

今回は、演奏後は、
カップゲームというリズム遊びをしたり、
私達指導者と保護者のお母様にもお手伝いいただいて、
春畑セロリさんの「一本指ちゃちゃちゃ」という面白い連弾曲集から、
2曲を披露しました。

リハ会1


お教室の生徒さん、保護者の方とも、
だいぶ顔なじみになってきましたね。

また、先生方もこれまで何度も演奏を聴いてくださっているので、
前回と比べて、成長した点に気がついてくださったり、
私も、他のお教室の生徒さんの成長を見て、嬉しくなったり。

みんなで学びあう、成長しあう、
そういう場があることの喜びを、保護者のみなさまにも
感じて頂けたのではないかと思います。

コンクールでは、さらに頑張った成果を出して、
達成感を味わえるといいですね。

リハ会2