2015_06
23
(Tue)09:22

3つのリハーサル

今朝は、青空が広がっていますが、午後は怪しい天気とのこと・・・
最近は、空の機嫌が気になりますね。

さて。
先日の土曜日は、23ステップリハーサル、詩音の会リハーサル、
「ステップ特別企画」お話しとピアノのリハーサルを、
アミーゴで行ないました。

1日3つのリハーサルを行なったのは、初めてです!
さすがに、疲労感を覚えましたが、
気持ちは充実した1日でした。

教室の生徒さんは、S小学校の授業参観と重なっている人が多く、
数名のみの参加となったのが、残念なところでした。

23ステップリハの方では、
当日の受付、舞台に上がるまでの流れなどの説明もありました。
舞台経験の浅い参加者が多いということもあり、
緊張した方が多かったですね。
でも、だからこそリハーサルの意義があります。
きっと、本番ではリハーサルの時よりも、
自分自身を一杯に表現できると思います♪

午後の詩音のコンクールリハ、
こちらは、舞台経験はみなさんを成長させることを、
改めて実感しながら聴いていました。

どの参加者も、昨年のコンクールリハの時よりも上達し、
自分の演奏、になってきています。

そして、最後の特別企画のリハーサル。
こちらは、実際に、大きな布芝居と、プロの朗読者の方にも来て頂き、
通し稽古をしました。
みんな、自分の担当の曲をしっかり仕上げていて、
本番のお客様の反応がとても楽しみです!
イメージをしっかり持って、曲に向かうことの意義も実感しました。

真剣な様子の生徒さんを見守る瞬間は、
ドキドキしつつも、
とても嬉しく、楽しい時間です。

みんなの輝く姿をもっともっと、見たいな~、
そのお手伝いをする喜びを感じています。

スポンサーサイト
2015_06
15
(Mon)09:12

ステップに向けて教室リハ

梅雨の中休み、今日は気温が上がりそうですね。

13日(土)、飯能ステップ&グレンツェンピアノコンクールに向けて、
11名の生徒さん、見学にいらした3名の保護者のみなさんと、
教室でリハーサルをしました。

今回は、簡単なプログラムも作りました♪

知っているみんなの前で弾くというのは、
やはり構える気持ちにもなて、レッスンの時よりも緊張しますね。

それでも、1年前、2年前のみなさんと比べると、
個性が出てきているのを感じますし、全体的な成長も感じます。

リハーサルや本番は、そういう姿を見ることができるので、
私は大好きです(笑)

本番では、今日以上に、
恐れることなく自分を出して、
演奏するというのは、自分を表現していることなので、
それを楽しんで欲しい、
人に伝えるから、楽しいのだと思います。

そして、もう1つ思ったこと。
お辞儀。

緊張すると、どうしても、さささ~っとお辞儀を済ませてしまうので、
お辞儀から、
心を込めて弾きます、ぜひ聴いてください、
という思いが伝えられるといいですね

あと2週間、ラストスパート、頑張りましょう!!

2015_06
07
(Sun)22:47

南大沢ステップへ

6月に入り、月末の飯能ステップ、7月のコンペ、8月のグレンツェンと
本番を控えている生徒さんは、正念場になってきました。

来週は、ステップに向けて、いよいよ教室リハーサル。
盛りだくさんの6月です。

昨日は、南大沢ステップに行ってきました。
息子が参加するのと、
私自身が今年からJPAという指導者のための勉強会に所属したため、
その研修の1つとして、
JPA所属の生徒さん35名の演奏を聴き、
それについて、それぞれコメントを書くためでした。

35名の演奏者は、
コンペ参加予定の生徒さん、音大生だけでなく、
音楽を専門に勉強している学生顔負けの一般の学生、
70代、80代の人生の大先輩の方と、
多彩なメンバー。

もう4時間半、夢中になって没頭して聴き、
コメントを書きました。

参加者がレベルが高かったこともありますが、
綺麗な音、ハーモニー、そしてその人自身が存分に表れている演奏の数々に、
驚き、感動し、本当に楽しませてもらいました。

プロの演奏だけが素晴らしい訳ではなく、
音楽をどれだけ真剣にみつめているか、
楽しんでいるか、
音楽と演奏者の思いが伝わってくる演奏であれば、
器用さや、超絶技巧よりはるかに感動することを、
改めて実感したひと時でした。

指導者としても、
目先の出来に捉われることなく、
長い目で、大切にしたいことからブレずにしてこそ、
生徒さんの音楽ライフを応援できるのだと思いました。

長く弾き続けてこその音楽です。

いつかステップ参加の生徒さんが、
いつか10回、20回、100回表彰の日を迎えられるといいな~。