2015_09
27
(Sun)23:23

学ぶということ

9月も残り数日。
出かけると、そこかしこで「もうすぐハロウィンですよー」と、
という声が気こえますね。

今日は久しぶりに予定のない休日でした。
午前中は、息子の練習に付き合ったあと、
近くに買い物へ。
最後に息子のリクエストで本屋に行きました。

本屋は、たくさんのヒントを得られる場。
日頃、気に留めないジャンルにも触れることができますし、
本の背表紙を眺めているだけでも、
なんだか楽しいので、とても大好きな場です。

今日は、ふと目についた本の中で、
教育に関する本に心揺さぶられました。

教育が商品になっている現状に対して、
それは違う!と警告をする言葉に、ハッとさせられました。

学ぶことは、のちのち、これが自分の原点になった、
自分の核になった、と晩年になって言えることで、
あらかじめ、○○が得られるから学んでおこうとか、
これを学べば○○が得られるであろう、

そういう観点で行なうものではないということ。


私自身も、ピアノ指導者になろう!と思ってピアノを学んできた訳ではありません。
その時、そのときで、自分は何ができるのか、
それを問い続けてきて今があります。

学ぶということは、何かを得よう!と意気軒昂にするのではなく、
わかりたい、知りたい、何だかわからないけれど学びたい、
そんな思いが支えとなって、進んでいきますよね。
または、振り返ってみたとき、
「あぁ、あの経験が自分にとって大きな意味があったんだな。」
と後からわかることも多々あることでしょう。

目先のことにとらわれずに、今、できることに集中すること、
そして、できる環境に感謝すること、

損得とは違う次元のことだと、改めて思ったのでした。



スポンサーサイト
2015_09
26
(Sat)22:04

発表会に向けて2

夜は、虫の声が響くようになりましたね。

あと数日経てば、10月に突入!
今年も、秋の深まりとともに、発表会までの日にちが気になる日々です。

教室には、発表会まであとレッスン○○回!と掲示していますし、
みなさんも「練習しなくちゃ」という自覚はある様子が伝わってきます。

それでも、実行できなかった人、
譜読みに苦戦中の人は、少々ブルーな様子・・・。

期限が決まっていることに対して、計画的に準備を進めていくことや、
いつもより少し、チャレンジとなるものに取り組む時の根気強さ等は、

すぐに、お手軽に、楽に、簡単に、とは逆のことですから、
なかなか手強いことではありますよね。

それでも。
この経験の積み重ねが、みんなの成長に繋がることがわかっているので、
「わからない」「できない」の声は受け付けず、

「考えれば、必ずできるわよ」「よく見れば、わかると思うよ」
「2、3回で諦めないで、まずは10回!」
と、レッスン内ではとことん、練習、練習(笑)

でも、本当にやれば出来るのです。
ただ、やり方を忘れてしまったり、
考えることを諦めてしまったり、
気持ちの整え方がわからなかったり、
そもそも、積み重ねていくことに慣れていなかったり・・・

なので、発表会はとっても意味があるのです。

手間をかけ、時間をかけ、心を込めたことは、
自信となって、しっかりと自分の中に残ります。

大変、と思ったとしても、その分、力になっていくのです。

レッスンが終わって、ふぅっとため息をついているみんなの横顔を見ながら、
毎年のことながら思う日々です。

一緒に、奮闘しましょう!

2015_09
14
(Mon)09:17

発表会に向けて1

気持ちのよい秋晴れが広がっています。
ですが、テレビをつけると、洪水被害の状況が色々と伝えられています。
想像すると、胸がつかまれる思いです。

これだけ、色々な災害や世界では紛争が起きている中で、
自分にはあまり関係ないと、無関心でいるのは出来ませんね。
少なくとも、何が大切なのか、何ができるのか、意識し続けていたいです。

さて。
お教室は、発表会に向けて加速し始めています。
ソロ曲は、ほぼ選曲が終わり、連弾曲もあと一息というところです。

今年は、例年以上に、連弾を家族や友人としてもらおうと声がけをしたところ、
快くお引き受けしてくださったご父兄の方、
久々の連弾ペアを楽しみにしてくれている生徒さん、
家族で発表会を楽しみたいと、助っ人に入ってくれる兄弟、姉妹の方、

と、楽しみなペアが色々と決まっています!

発表会は生徒さんと家族のみなさんが楽しむコンサート!
楽しい思い出がたくさん出来る場であって欲しいと思っています。

生徒さんは、いつも応援してくれる家族のみなさんに、
感謝の気持ちが演奏で伝えられるといいですね。

そして、教室のみんなで作り上げるコンサート、
そんな思いが深くなるように、
私も当日に向けて、色々と提案していく予定です。

あと3ヶ月弱、みなさんどうぞよろしくお願いします♪


2015_09
10
(Thu)10:47

日々の積み重ね

台風は去ったものの、その影響が残っていますね。
こちらは、さほど大きな被害は聞かれませんが、
県内では、電車が運休していたり、学校も休校になっているところもあるそうです。
早く落ち着くことを願います。

今年は、市内の小学校は春に運動会を行なったために、
例年と違って、運動会練習の影響を受けない9月になりました(笑)

小学生のみなさんは、発表会の曲も決まり、
練習が始まっています。
年末には、コンクールが2つあるので、
そちらの方も、準備が始まっていますね。

そして中学生以上のみなさんは、
体育祭練習をしている、と聞くものの、
合唱祭に向けて伴奏の練習、
発表会に向けて譜読みの真っ最中です。

みんな素晴らしいー!

忙しい中学生達。
でも、音楽の深いところを一緒に探求できるようになってきたからこそ、
忙しさを忘れて、
音楽の世界をじっくり感じて、リフレッシュして、
そしてまた、日常を頑張ってくれたら嬉しいなと思います。

それが出来るようになるためにも、
小学生のみなさん、

今が大事ですよー!

どれだけ小学生の時に、練習を積み重ね、色々な経験をしておくか、
それ次第です。

今年もあと4ヶ月(発表会まであと3ヶ月)
毎日を大切に、過ごせるといいですね。
2015_09
01
(Tue)09:44

グループレッスン

市内の学校は、今日から新学期ですね。

我が家も、「とうとう夏休みが終わっちゃった!早く冬休みが来ないかなぁ。」という息子を
久々に学校に送り出しました。

今日は、先日行なったグループレッスンの様子をご報告します♪

久しぶりに、8月25日の午前中に、教室で小学生チームのグループレッスンをしました。
隣の市から来てくれている生徒さんは、この日が新学期スタートだったため、
残念ながら参加できずでした(ごめんなさいね。。。)が、
都合のついた9名の生徒さんと楽しく勉強をしました。

自己紹介では、夏休み中にお出かけした場所を教えてもらいました。
関東だけでなく、九州、四国、東北と、みんなアクティブ!

初めは、夏休みを利用して、
連弾レッスン、練習をしたペア、
二台ピアノアンサンブル、
ステップや発表会のリハーサルがわりにと、
演奏とそして鑑賞の時間をとりました。

鑑賞ポイントを説明して、演奏後、感想を聞いてみると・・・
積極的に発言をしてくれました。
上手に褒めることもできていましたね。

続いて、
「拍子」の確認。
リトミック的な即時反応の活動では、頭をフル回転させながら、
楽しんで取り組んでくれました。

「音価」の確認。
みんなよく出来ていましたね。

応用で、リズム聴音。
拍子の書き方から、小節の区切り方、そして耳ではしっかり聴き取れているのに、
手で模倣して叩けているのに、
それを書くとなると、戸惑うみんな・・・(笑)

でも、慣れてくると中学年以上の生徒さんは、
すらすらと出来てきましたね。

ここで、時間をとってしまったので、
みんなで力を合わせて作曲する時間がなくなってしまい、
最後は、ピアノ以外の楽器の音当てクイズで締め。

「お姉ちゃんが吹奏楽でやっている楽器だ!」
「アンサンブルしたことがある楽器!」

と耳が知っている楽器がある人もいれば、
形も音も始めて見る、という生徒さんもいました。

ピアノは、オーケストラの様々な楽器の音域を網羅しています。
色んな楽器の音色を知って、
演奏に繋げていけるといいなと思います。

早速、数日後のレッスンに来た生徒さんが、
「おうちに、フルートがあったよ。」と教えてくれました。
今まであまり気にとめていなかったものが、
アンテナに引っかかるようになったのかな~と思うと、嬉しかったです。


できれば、月一回でも定期的に、ピアノのレッスンと並行して、
このようなグループレッスンを続けていくと、
とても効果があるのではないかと思っています。

ひとまずは、12月の発表会に向けて忙しくなるので、
また長期の休み等を利用して、
集まって学ぶ機会を作っていきたいです。

・・・またしても、写真を撮り忘れてしまいました(涙