2016_02
23
(Tue)22:59

グレードテストリハ

昨日は2月22日。
にゃん、にゃん、にゃんの猫の日でしたね。
レッスンでも、「1回弾くたびに印をつけよう!」と声掛けをしたら、
猫の日だからと猫を描いてくれた生徒さんがいました♪

さて。
今月末、来月中旬と今年度最後となるグレードテストがあります。
土曜日は、まず今月末にテストに参加する生徒さん五人と、
ミニリハーサルをしました。

初参加の生徒さんもいたので、
テスト当日の流れや諸注意についてお話したあと、
1人ずつ演奏してもらいました。

仲間の前で弾くというのは、
意識して少々緊張するようですが、
今回はみんなそれが集中に繋がり、良い演奏が多かったです。

小さな本番でも、回数を積み重ねていると、
椅子に座り、弾きだすまでの心の準備の仕方も上手になってきますね。

グレードテストやコンクールのように課題曲を演奏する時は、
必ずしも、自分の好みの曲を弾くわけではありません。
でも、弾いているうちに曲の持つ良さに気がつくこともありますし、
完成度をあげるために、丁寧に練習するきっかけにもなります。

また明確な目標があると、練習にも取り組みやすいですね。

ピアノの練習は、根気や時間がかかるので、
面倒だな、大変だな・・・という気持ちになることもあるでしょう。
だからこそ、小さな目標は、
気持ちを奮い立たせたり、頑張る方向に自分を持っていく助けになると思います。

大人でさえ、
「ダイエットしよう!」とか「今年は○○達成!」と目標を立てても、
挫折してしまったり、忘れてしまったり・・・
目標到達までには、紆余曲折ありますから(笑)

まだまだ幼児や小学生のみなさんにとって、
常に練習を頑張ることは、なかなかハードルが高いのは当然といえば当然。
また、日々忙しい保護者のみなさんにとっても、
練習を促すのが大変、と感じる時もあると思います。
(私も日々奮闘です~)
そんな時、小さな目標があることで目的をもった声掛けができ、
また、目標達成した時は、一緒にちょっとしたご褒美感も感じられかなと思います。


ぜひ上手に色々なチャレンジを取り入れて、
ピアノレッスンの長い道のりの紆余曲折を乗り越えてほしいなと思います。


♪♪♪春募集♪♪♪

ジュニアレッスン
水曜日:15時~
水曜日:15時半~
水曜日:16時~

シニアレッスン(基本的に平日午前中)も随時募集中です。お気軽にお問い合わせください。

rei.g.touch☆gmail.com

メールの際は、☆を@に変えて送ってください。

スポンサーサイト
2016_02
17
(Wed)13:47

バレンタイン パート2

今週も、まだまだ寒さが厳しいですね。
そして、インフルエンザでのお休みも続いています。

さて、今週も、バレンタインのプレゼント、第二弾いただきました☆
昨年もプレゼントしてくれたAちゃん♪

レッスンで会う前後のお友達にも渡していましたね。
もらった人も「ありがとう!」と、とても爽やかにお礼を伝えていて、
素敵な光景でした。

早速、コーヒーと一緒に頂きました。
美味しかったー、ありがとうAちゃん!

IMG_20160216_074915.jpg


Aちゃんは、6月の飯能ステップに、
23ステップで参加予定の他に、
「お話とピアノ」という特別企画にも参加します。

「にじいろのさかな」という絵本の中から、弾いてみたいなと思う場面を決めて、
その場面にふさわしい曲を選んで、
当日、朗読の方とのステージで演奏する予定です。

日頃、ピアノの曲は、題名がついているものも、ついていないものも、
自分なりのイメージを持って演奏しますが、

この企画では、お話があることによって、
よりイメージを持ちやすく、
表現する気持ちを作りやすくなります。

また聴き手も、イメージを膨らませて音楽や朗読を聴くことができるため、
聴きやすいのです。

本番まで、Aちゃんと一緒に選曲や曲作りをするのが、
私も、とても楽しみです。
Aちゃんの新しい世界が広がるといいなと思います。

まだ若干名、空きがあるそうです。
ご興味がある方は、ぜひどうぞ!


2016_02
12
(Fri)08:36

かわいい贈り物

今年は、インフルエンザの猛威の影響が教室にも来ています。

先週から5人の生徒さんがインフルエンザでお休み。
こんな年は初めてです。

幸い、みなさん数日で熱が下がり、重症ではないとのこと。

気をつけていても、学級閉鎖のクラスがいくつも出ているくらいですから、
避けきれない時もありますよね。
早く収束してくれることを願うばかりです。

さて。
そんな中、昨日の祝日、嬉しい出来事がありました。

「先生、いつもありがとう。」
という言葉とともに、とてもかわいい手作りチョコを頂きました。
心がほっこりしました(*^_^*)

ありがとうRちゃん!

チョコ写真
(どうしても、写真の向きが変わりません!ごめんなさい)

毎年、バレンタインデー前後にレッスンが重なる生徒さんから、
「先生、作ったのー!」と手作りチョコを頂くことがありますが、
みんなとても丁寧に上手に作ってラッピングしてあって。

我が家は私の他は男子しかいませんから、
新鮮な気持ちがいつもします。

私も、そろそろ準備しなくては・・・



2016_02
09
(Tue)09:30

入賞者コンサート

あちらこちらで、インフルエンザになった、学級閉鎖になった、
という声が聞こえてきたものの、
学区内は全然その気配もなし、と喜んでいたのも束の間・・・

先週はインフルエンザで4人が欠席、
レッスンに来た生徒さんからも、
小学校は3クラスが学級閉鎖と聞いたり、

胃腸炎もじわじわと低年齢のお子さんがつかまっている様子。

危険がせまっている感じです。
何とか、はねのけたい!!ですね。

そんな中、先日の日曜日は
年末に行なわれたコンクールの受賞者コンサートがあり、
3名の生徒さんと参加してきました。

1ヶ月前の本番の心境を思い出しましたし、
本番なりの緊張は多少あるものの、やはり結果がついてきたことで
自信がついたのだなぁと感じました。

このコンクールは、ソロ、連弾、うた、と多様なチャレンジができますが、
教室としては、「連弾の部」での参加をメインにおいています。

☆コンクール参加の導入として、
☆アンサンブルの楽しさ、
☆2曲演奏できること、

がメリットだと思います。

ここで自信をつけて、
またソロで別のコンクールにチャレンジしたり、
ソロでコンクールを受けてきたけれど、
時には仲間、または講師とアンサンブルで違う角度で勉強しよう、
といったように、
生徒さんの成長に合わせて、上手に活用していきたいです。


1454976272975.jpg