2016_03
31
(Thu)22:54

グループレッスン第一弾

今日は、暖かい1日でしたね。
久しぶりに1日休みだったので、息子と上野まで出かけました。
さすがに、桜の時期、大賑わいの上野公園!
美術館や図書館に行って、桜も見て、良いリフレッシュができました。

今週は、年度末ということもあり、
レッスンが少なめでしたが、昨日の午後はグループレッスンを行ないました。

春休み、それぞれ予定があり忙しい中、
それでも、小学生ほぼ全員参加となり、
全員一度には難しいので、2回に分けることにしまして、
昨日は、まず第一弾。

グループレッスン用レジュメを配りスタート!

♪演奏

♪ソルフェージュをかねた即興アンサンブル(4人4手連弾)

♪楽器あてクイズ、作曲家あてクイズ

♪作曲家について学ぼう(今回は、3月が誕生日のバッハ)

♪楽語カルタ


予定通り2時間でおさまり、レッスン後はおやつタイム&遊び(^^)

楽器や作曲家については、想像以上に、興味を持ってくれた様子でした。
また、カルタはものすごく真剣な戦いに!(笑)
いい集中力でしたよ、みなさん!

IMG_20160330_170302.jpg

ピアノの練習だけでなく、音楽について、また音楽のもつ背景について、
興味を広げてもらうキッカケになったらいいな、

自分の学んでいるものに、より親しみを感じてもらえたら、

そういうことが、また積極的な学びの姿勢に繋がっていくのではないか、
そう思っています。

第二弾のメンバーも楽しんでくれるといいなと期待しています!

スポンサーサイト
2016_03
30
(Wed)22:32

今年度グレードテスト終了!

3月もあと残り1日!
今年も、もう4分の一が終わるのですね、どれだけのことができたのだろう?!
と思うと・・・

残りの9ヶ月、もっと有意義な時間を増やそう!
焦燥感とともに決意です。

さて。
今年度のグレードテストの合格通知が届きました。
年明け2月、3月と9名の生徒さんがチャレンジ、
うち、初参加4名!

カワイピアノグレード
15級 4名 合格
14級 1名 合格
13級 2名 合格
12級 2名 合格

おめでとうございます!


第三者に聴いてもらうことは、
少々の緊張が伴うとしても、
だからこそ、集中力が増し、真剣さが増します。

当日に向けて、練習を重ねたり、調子を整えることも、
色々なピアノの本番だけでなく、
今後の生徒さんの様々な本番、人生の局面に
きっと役立っていくことと思います。

小さな積み重ね、
それがみなさんの自信を作っていきます。

また、来年度も継続してチャレンジしてくださいね。

2016_03
17
(Thu)22:01

お話とピアノの選曲会

今日は、ぽかぽかと通り越して、暑いくらいの陽気でしたね。

少し時間が経ってしまいましたが、
先日の日曜日に行なわれた、飯能ステップ・お話とピアノ「選曲会」についてのご報告です。

今年は、絵本「にじいろのさかな」が題材です。
各場面にあった曲を、参加者のみなさんが提案、
保護者の方、スタッフも一緒にどれがベターかを考えていきました。

聴いた瞬間、「これがいい!」と全員が一致するものもあれば、

「これもいいね!」
「でも、こっちもいいね!」

と、意見が面白いように二分される曲も。

それでも、生徒さん達は、たくさんの曲に耳を澄ませ、
「これがいい!」と自分でしっかり判断していました。
この時間を経験しただけでも、きっと、
大きな収穫になったと思います。

こんな風に、聴く楽しみを味わうことを積み重ねてもらえたらいいな、
と思います。

お母様方からも、
「本当に、題名の通りに曲が聴こえてくるものですね!」

「とても楽しかったです!お話と続けるとイメージもさらに湧いてきますね!」

などと、その場に居たからこそ実感できる感想を色々と頂きました。


楽譜通りに、達者に弾くことだけが大事ではありませんよね。

想像力を自由に広げて、
自分の演奏を作っていくこと、

そんなきっかけになる、楽しく豊かな試みです。

教室からは、Aちゃんが参加予定。
思い出深い曲になりますように!


今年の教室発表会にも、取り入れてみようか?!と思案中です。


2016_03
14
(Mon)09:35

10回目のリハーサル会

雨模様の週の始まりですね。
今日は、息子が通う小学校では卒業式が行なわれています。
明日は、中学生の生徒さん達も、いよいよ卒業式。
年度の締めは、心がきゅっとすることが多いですね。

さて、そんな中で昨日は、
午前中、詩音の会リハーサル会(コンクール参加予定者のための、4教室合同リハーサル)、
そして、午後は、飯能ステップ特別企画・お話とピアノの選曲会がありました。

両方に参加した生徒さんもいましたね!

まずは、10回目となったリハーサル会についてです。

昨日は、リハーサル会常連の生徒さんが集まりました。
お辞儀も、弾く前の気持ちの整え方も、
自然と出来るようになってきた様子が見られました。

適度な緊張感を持って、
臆せず、できるだけ落ち着いて、自分の演奏をする、
自分を出すこと。

頑張っている仲間の存在が、少なからず励みになること。

生徒さん自身に自覚はなくても、
本番経験の数や、こういう機会を経験することが、
生徒さんの成長に比例することを、
先生方一同、改めて感じました。

保護者のみなさまも、
意識を高くもち続けることは、時にハードかもしれませんが、
こういう時間があることで、
モチベーションを保つ1つの支えになるのではないでしょうか。


これからも、仲間と成長していきたいですね。

参加者のみなさんには、
演奏後、ボディーパーカッション体験で盛り上がったり、
プチご褒美も出て、
和やかなひと時をすごしました。

ピアノを囲んでの記念写真も、なかなか良かったですね!


来年以降、また生徒さん達のチャレンジに期待しています。


2016_03
08
(Tue)13:16

生徒さんからのお手紙

今日は、気温もあがって、春が来ているのが感じられますね。
花粉は困りますが、暖かいとフットワークも軽くなる気がします。

今日は、生徒さんからもらった可愛いお手紙のご紹介☆

姉妹でレッスンに来ているKちゃんから、
「はい、先生おてがみ!」

お手紙をもらうと、その場で読もうか、後で読もうか、いつも迷ってしまいます(笑)
今回は、その日のレッスンが終わってから、ゆっくり開けました。

Kちゃんの元気な様子、それからレッスンのこと、
嬉しい言葉など色々ありましたが、
その中で、「○○がなかなか合格にならなくて、かなしい。」という一文もありました。

こちらが思う以上に、生徒さんみんな、練習してきた曲は、
やっぱり花マルもらいたいのですよね。

宿題の曲が、合格にならなかったとき、
なぜ曲は花マルではないのか、
次回まで、どうしたらよいか、練習方法を伝えます。

それでも、定着まで時間のかかることもあります。
そんな時は、連続で宿題になることも、もちろん多々あります。

それを、まったくもって気にしない人もいれば・・・
こうして、気にしてくれて、

「でも、がんばります!」と書いてくれて、

その通り、この日は合格になったKちゃん。

お手紙をレッスン後に読んで、
”今日は合格できてよかったねー”と心から私も安堵したのでした(*^_^*)