2017_07
15
(Sat)22:46

気質に合わせたレッスン?!

日中の猛暑の余韻が残る夜ですね。

今週末も、通常のレッスンに加えて、
コンペ組のプラスレッスンも入り、
グレンツェン組もそろそろエンジンをかけなくてはで、

また息子の特訓もあり(^-^;

なかなかのんびりとは行かない週末です。

先日、息子の習い事の一つ「シュタイナー水彩の会」の母の集まりに参加しました。

月1回、先生のお宅に集まり、
読書会やにじみ絵をしているのですが、

仕事と重なることも多く、毎回の参加とはいきません。

久々に参加できた今月は、
ちょうど「気質」についてのお話が弾みました。

(ご興味のある方は、ググっていただければと思います)

そのお話に加わりながら、
やはり思い浮かぶのは、息子のことはもちろんですが、生徒さん達のこと。

「ああ、あの子はやはり〇〇質だから、こういうアプローチが有効かなぁ。」

レッスンでも生徒さんによって、ピッと心に届く言葉はそれぞれです。

目標に向かって邁進できる子、
のんびり屋さん、

臆病な人もいれば、
何でも積極的にやりたがる子、などなど…

日頃の生活スタイルの影響も大きいですが、

根本として、気質の要素もレッスンの進め方にかかわってきます。

生徒さん自身を、無理やり変えることもできません。

だからといって、

「そのままでいいですよ。」


としていたら、どうしても楽な方へ流れ、
自分を生かすことを積極的にしないでしょう。

ピアノはどうしても、根気や努力が欠かせない習い事です。

また、本番では自分を表現することも大切です。

自分の都合に合わせてではなく、
曲の持つスピードに合わせて、考えコントロールする技術も必要です。

楽しいな、という気持ちだけでは頑張れない時もあります。


いつも考え、悩むのは、
どこまで踏み込んで伝えるか?

どこまで引っ張るか?


特に、コンクール時期は毎年、毎年、いつになっても葛藤する部分です。

でも、ピアノで奮闘したことは、
必ずこれからの人生に役立つことばかりだということは、自信を持ってお話しています。


今日のレッスンの最後は、
高校生たちでした。

2人とも、ピアノといい距離感で、10年近く続けている子達です。

余計なことを考えず、一緒に音楽を楽しめた時間でした♪



スポンサーサイト
2017_07
14
(Fri)14:52

今週のシニアのレッスン

この暑さと、冷房に体が慣れずに、すこーしバテ気味になっています・・・。

でも今週末も通常通りレッスン、そして生徒さん&息子のコンクール。
ふぅふぅ言っている場合ではないのですが(^-^;

でもレッスンにが始まると、
ピッとスイッチが入り、
わくわくして、頭も回転するのが不思議です。

この暑さの中、昨日、今日と午前中はシニアの方のレッスンでした。

忙しい日常の中で、時間をみつけて、
(そうです、時間はみつけるもの!)
コツコツと譜読みを進めている様子に、

こちらも、
練習のヒントになるアドバイス、
曲や楽譜についてのお話、

それから仕上げていくための具体的なアドバイスをレッスンしました。


音間違いを指摘したり、
弾きにくいところを反復練習するだけでは、
レッスン自体が楽しくないと思うので、

具体的な練習方法をお話して、実際に少しやってみたり、

また、正しく弾く、ということにとらわれないように、

片手で、
または短いフレーズだけ、
表現を意識して弾いてみたり、

楽譜をよく読みながら、音の正しさ、リズムの正しさだけでなく、
なぜそうなっているのか?と、曲の持つ魅力を発見していくなど、

細かいことよりも、大事なことを重点的にお話するようにしています。

基本路線はジュニアのレッスンと同じですが、

みなさん真面目なので、
ちゃんと弾こう、理解しよう、できるようになろうと、

努力されているからこそできる、レッスンです。


ジュニアと違い(笑)
先の見通しを立てることもご存じなので、

そろそろ年末の発表会の曲についても、
検討が始まりました♪




2017_07
12
(Wed)08:53

美味しいものに助けられています♪

今朝もすでに気温が高いですね。。。
体調を整えるコツやヒントが気になるこの頃です。

体調だけでなく、心の調子を整えるのも
大切な仕事(^^)

頂いたコチラ。

ネットで噂になっていたあの鍵盤のお菓子!(^^♪

2017-07-12_08-32-37_626.jpeg



それから、

バニラ風味のコーヒー!

2017-07-12_08-46-32_735.jpeg


ホッとするひと時を持つのに、有難い美味しいものたちです。

ありがとうございます!!



2017_07
11
(Tue)09:41

コンクール指導とグループレッスン、それぞれの楽しさ

今朝もすでに気温が上昇中ですね。
冷凍庫にアイスがかかせない日々になりました(笑)

暑いのは気温だけでなく、昨日も書きましたがコンクール組のレッスンも熱いです。

一音一音に磨きをかけて、
思うような音が出るよう目指す。

また、それが出来るためには、家でもサボりたい気持ちを必死に追いやったり、
うまく出来なくて涙が出てしまった時もあったかもしれません。

そういう思い(経験)がみんなを強くして!

ステージに立った時に輝けるのだろうなと、
今年のコンペの予選を聴いていると胸が熱くなりました。

生半可な気持ちで立っている人はいません。

子供たちの顔を見ていると、
ただただ、素晴らしいよ!ここに来るまでに通った道に拍手!
そんな気持ちで一杯になります。

ステージを見ると、
私の方も、みんなの力を引き出したい!と熱くなるレッスン♪です。


ですが、ソルフェージュレッスンとなると、
これはまた少し違います。

グループレッスンの楽しさ!

個人レッスンとは違う盛り上がり(笑)
「こういう指導もやっぱり楽しいなぁ。」と思った今月のソルフエージュです。

リズムの強化

アナリーゼの導入(形式やモチーフの見分けなど)

楽典(ここしばらくは調号について)

アンサンブル


仲間がいるとより積極的に学び、
教えあったり、意識しあったり、
また、自分だけサボることもできません(笑)

個人レッスンの時以上に表情が出て、
みなさんの生き生きした様子が見られると、嬉しい!

みんなの笑顔に元気をもらった二時間でした。


2017-07-08_14-58-14_082.jpeg
2017_07
10
(Mon)08:52

3回目の飯能ステップ終了!

暑さが厳しくなってきました。
教室では、無事に飯能ステップが終わり、
ホッとする間もなく、
今はコンクールに向けて熱く頑張っている生徒さんがいます。

飯能ステップでは、コツコツ頑張った成果を出せた人も、
直前の頑張りで形にした人も、
それぞれではありましたが、
継続して参加することによって、一昨年、昨年よりも仕上がりが良かった人が多く、
それに伴って評価も上がりましたね!

「Sがあった!」

「Sはなかったけれど、全部Aだったの!」

結果がすべてではないですよ、といつもお話していますが、
頑張った分、結果がついてくることは、
素直にうれしいですよね。
特に、今回はみなさん本当に素晴らしい結果でしたね。

改めて、メッセージ用紙を一緒に読みながら、
今後の課題を確認しました。

みなさんの根本的な良いとところ、

これからさらに身に着けていくべきこと、

私自身も読みながら、
「やはり!」
と思うことばかりで、今後のレッスンに生かしていこうと思う内容ばかりでした。


積極的なスタンスでいれば、
今は、たくさんの学ぶ機会が用意されています。

機会をチャンスと捉えるのか、大変だと捉えるかで、
楽しさも成長も大きく変わってくると思います。

引き続き、生徒さん達と色んな形で学びを楽しんでいきたいです!