2014_03
26
(Wed)22:00

グレンツェン関東大会

連日、春らしい暖かい陽気で、気持ちも弾みますね。

小・中学校は明日からようやく春休みですね!


先日の3連休は、東京・浜離宮朝日ホールにて
グレンツェンピアノコンクールの関東大会が行われました。

昨年8月の地区予選、昨年12月の地区大会、
そして、この3月の関東大会、
入賞を重ねて出場し続けた生徒さん、

当日も、自分らしい演奏だったと思います。



幼児Bコース・優秀賞

小1・2Aコース・優秀賞


今回も、賞状とトロフィーを頂きました。

そして、次の6月の全国大会に進められるのは、
基本的に上位3人、
点数によっては、優秀賞の中からも全国大会出場者が出る場合もあるそうですが、
ひとまず、ここで今年度のグレンツェンは一区切りです。


もう来年度に向けて、スタートを切りたい気持ちで一杯の生徒さんもいます。


コンクール出場によって、得られるものは、「結果」ではなく、

「成長」です。



目標を持つことの意味、

1音1音を考え、気持ちを込めることの難しさと実践、

真剣に向き合うことでの緊張感と自信、

頑張ることの経験、

色々な人の演奏から受ける刺激、

ピアノのレッスンを広い視野で捉えるきっかけ、

良いピアノと音響の良いホールで弾くことで体感する
本物とは何かの経験、

客観的なアドバイス・・・



挙げるとキリがないほど、たくさんの気づきによって、
日頃のレッスンだけでは得にくい、成長のきっかけが、たくさんあります。



それを改めて実感させてくれた生徒さんに、感謝の気持ちです。

コンクールを上手に利用して、
自分の可能性を伸ばして欲しいなと思います。





関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック