2016_12
15
(Thu)09:24

発表会終了しました

今年も12月11日(日)に、第17回目となる教室発表会が終わりました。

幼児さんから社会人の生徒さんまで、また、今年も家族のみなさんの演奏参加もありました。
ピアノソロ、連弾、お話とピアノ演奏の3本立てで約4時間の熱演。

二週間前の教室リハーサルでは、正直ここまで仕上がってくるとは思えず、
心配が募りました。
練習をしていない訳ではなく、
昨年よりも少し曲が長く難しかったり、曲数が多いということが、
小学生のみなさんにはハードルになりました。

練習の質を上げる必要性、練習時間を増やすことが必要だということを
痛感したことと思います。
でも、その頑張りが、当日は自信に繋がっていましたね。

受験生である中3の生徒さん達、高校生、社会人の方は、
自覚がある分、
うるさいことを何も言わなくても、
自分で見通しを立て、時間をやりくりし、
自分の思いを音に乗せて演奏されていましたね。

発表会後、「生徒さん達の演奏を聴いて、その頑張りに大いに励まされた」
という保護者の方の声をいくつもお聞きしました。
人の心を打つのは、
達者な演奏ではなく、

演奏者自身が音楽を感じ伝えようとする、真摯な気持ちによってだと思います。

生徒さん同士でも、「あんな風にみんな頑張っている。よし、私も!」
そう思った生徒さん達もいたようです。

ピアノを習い、学んでいくということは、
決して楽ではありません。
楽では身に付きません。
でも、弾けたら楽しい、音楽がわかってきたら楽しい。
その気持ちが、

”ピアノが好き”

という思いを育てます。
そして、受験や忙しい日々の中でもピアノが歓びになって、
みなさんの心の友になっていくことを今年も見せてもらいました。

仲間と刺激しあい、励ましあえる発表会の意義を深く感じさせてもらった
今年の発表会でした。

本当に参加された生徒さん、保護者のみなさま、
ありがとうございました!


IMG_0309 - コピー
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック