2017_03
28
(Tue)13:13

春のグループレッスン 1回目

今年も春休みを利用して、春のグループレッスンを行いました。
なるべく、たくさんの生徒さんが参加できるよう、
希望日のアンケートをとり、2チームに分けて、今日はその1回目。

テーマは、「モーツァルトってどんな人?」。

昨年は、音楽の父バッハを取り上げバッハトリビアに盛り上がりました。

今年も、モーツァルトについてのクイズを混ぜながら、
生涯を追いました。
普段、聴きなれないカタカナの固有名詞(地名や名前)に少し苦戦しながらも、
天才ぶりに驚いたり、人間くさい部分にへぇーっとなったりしながら、
楽しく知ることができましたね。

たくさんたくさんある曲の中から、
レクイエムの一部、そしてピアノ曲を3曲紹介しました。

そのあとは、モーツァルトが6才で作曲したといわれているメヌエットを写譜!
わー、大変だといいながら、みんなよく集中して写していて、驚きました。
書くと、楽譜の仕組みや音符を少しずつ仲良くなれると思います。

おやつを食べ、みんなでカードゲーム、ボードゲームで遊んでお開き。

とても楽しい2時間でした!

2グループ目も今から楽しみです♪

関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック