2011_07
11
(Mon)12:25

旅行記3

ベルギーについて三日目の朝は、
ヨーロッパの新幹線タリスに乗って、パリへ!




一時間半ほどで、着いてしまいます。

駅からは、タクシー待ちの行列に一瞬ひるみましたが、
姪っこちゃんが、1歳だったので、優先的に乗車!

宿泊予定のホテルで、ちょっと休憩をとりました。

その部屋からの眺め。




エッフェル塔が見えます。


休憩後、早速、地下鉄に乗って、
ルーブル美術館へ向かいました。







ルーブルは、日曜日は無料!!!
そして、これまたベビーカーの子連れは、優先的に入れてもらえます。

じっくり見ることができたら最高ですが
そこはやはり子連れですから、
「アイス~、アイス~!」を連呼するリュウトをなだめ、

ナポレオンの部屋と、オランダ絵画、彫刻のあたりをざざっと見て、

モナリザはこの混みよう・・・




何とか、記念にと、リュートが描かれた絵の前で、記念撮影。




絵画もいいけれど、ぐっと来たのは、彫刻でした。
自分ように、絵葉書を買って、またいつか来れる日を心待ちにして・・・


リュウトもそろそろ限界。。。
妹夫婦が気をきかせて、日本食が食べられるお店を探してくれたので、
夕食は、「うどん」(笑)
これで、かなり元気が復活したようです。



パリ・オペラ座前



通りがかった広場で




ホテルの部屋に戻ると、もう夜なのに、
やはり夕方なみの明るさの風景





エッフェル塔にイルミネーションがつくのは、
暗くなってから。
待ちきれずに寝てしまいました。。。


そして翌朝は、

エッフェル塔の真下まで行ったものの、
行列していたので、眺めるだけにして、


セーヌ川クルーズへ!




風を感じながら、のんびりパリの景色を眺めていたら、
とても落ち着きました。
リュウトは、退屈してきて、お昼寝(笑)


その後、バタバタと買い物をちょこっとして、
リュウトのトイレに大慌てしたり
(日本と違って、どこにでもトイレがある訳ではないのと、
あっても、並んでいたり、
有料トイレだったりして、
妹のヘルプがなかったら、どうなっていたことか・・・)

消化不良もありましたが、
ああ、この町並みや歩いている人、雰囲気全部がいい刺激!
リュウトも、外国、外国人の中にいるという意識がほとんどないのか、
物怖じもせず、
先入観がないというのは、スバラシイ!


何度もいきたい場所です。
行けたらいいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック