2018_01
04
(Thu)16:01

2017年12月の振り返り(発表会)

風はさすがに冷たいものの、
青空が連日続く新年、気持ちがいいですね!

レッスンも明日から再開です♪

その前に、大急ぎで!振り返りパート2。
12月17日(日)に行った発表会のことを。

今年のテーマは「弾く人も、聴く人も楽しめる会」
そして、「アンサンブル」でした。

声楽の先生にも久しぶりにご出演いただきました。
ストレートに胸に響く歌声でしたね!
それから、ヴァイオリン、チェロ、ギター、フルートと
ピアノ以外の楽器の音色も楽しむことができました。

そして、仲間と、家族と、そして客席のみなさんとのアンサンブルコミュニケーション。

伝えるって楽しいな、

でも難しいことでもあるな、

相手の思いをキャッチするって心がやわらかくなるな、

奏者もお客様も色々な思いを抱いた4時間余り。

もちろんピアノソロも、この発表会でぐんと成長を見せてくれた生徒さん達の姿に、
1回1回のレッスンがどれだけ意味を持っていて、大切なのかを、
改めて実感した瞬間が何回もありました。

聴きにいらしてくださった先輩の指導者の方が
「発表会は、過去と現在と未来がいっぺんに味わえる、
素晴らしい時間ですね。」

とおっしゃいましたが
本当にその通りだなと。

音楽を学ぶ時間も、
そしてみんなと共有する時間も
どちらもとても大切ですね!

支えてくれた人全員に感謝、感謝です。
ありがとうございました。

また、1年後の自分の笑顔を想像しながら、今年も頑張っていきたいですね!

次回は
2018年12月16日(日)武蔵ホール

で行う予定です♪



2018_01
01
(Mon)22:36

2017年のコンクールのまとめ!

まずはコンクールの振り返りから。
12月はコンクールが3つ重なった月になりました。

まずは12月上旬にあったグレンツェンピアノコンクール埼玉本選。

夏の地区予選を通過した生徒さん3人がチャレンジしました。
グレンツェンの課題曲は短いとはいえ、
今回は発表会曲のソロ&連弾曲も抱えながらです。
さらに、ソルフェージュグループでのグループ課題もありました。

数曲を抱えながらバランスよく、効率よく練習するにはどうしたらいいか?
それが勉強になったと思います。

これが当たり前にならないと、
中学生、高校生になった時に、
あれやこれやと忙しくする中でピアノに向かう時間を作ったり、
集中したり、
そもそも、通常レッスンで数曲を同時進行でしっかり練習していくことは出来ませんよね。

全員通過という結果はもちろんですが、
そういう経験も、次につながる収穫の一つだったと思います。


そして発表会後の月末にあった、カワイこどもコンクール・カワイ音楽コンクール。

こちらは課題曲が2曲でしたが、
取り組む時期が長かったので、
特にこどもコンクールにチャレンジした生徒さん達は、十分にしあげることができました。

両コンクールとも連弾での参加。
生徒さん同士で連弾した音楽コンクールの方は、
ソロコンクールの時以上に、
「聴くこと」と「自分の音をコントロールすること」の難しさを学べました。

今後も、条件が整えばぜひみなさんにチャレンジしてもらいたいです。


それから、息子がチャレンジした日本バッハコンクール地区大会。

インベンションは、小学校3、4年生の時期から取り組んでいって欲しい曲集です。
初めて参加するコンクールでしたが、
バッハづくしの演奏は、コンクールの会場で演奏を聴いているという気持ちから
離れて、みんなが音楽している、
それが伝わってきて聴いていて楽しいコンクールだと思いました。

こちらもぜひみなさんにチャレンジしてほしいコンクールです。


みんな練習通りの演奏、結果に繋げてくれました。
それが何よりうれしかったです。

グレンツェンピアノコンクール埼玉本選
小3.4Aコース 優秀賞1名→関東大会へ
小3.4Bコース 準優秀賞1名→関東大会へ
小5.6Bコース 優秀賞1名→関東大会へ

カワイこどもコンクール川越オーディション
連弾の部Bコース 入賞1名→関東大会へ
         入選1名

カワイ音楽コンクール川越オーディション
連弾部門Bコース 入選1組

第8回日本バッハコンクール汐留地区大会
小3.4Bコース 優秀賞1名→全国大会へ


おめでとうございました!!
2018_01
01
(Mon)22:10

2018年もよろしくお願いします

あけまして おめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします


2018年の第一日目が始まりました。
今年はどんな一年にしよう?
どんなことができるといいかな?

年末年始の慌ただしさ、特別感を感じつつも、
今だから考えたいことではないでしょうか。

私にとっては、色々あって総括する間もなく突入してしまった2018年。
この1年を見通して、目標を立てる前に、
振り返りをして、
どんな1年にしようか?
とようやく考え始めた元旦です。

まずは振り返りの記事から順次アップしていきたいと思います(^-^;

2017_11
27
(Mon)15:09

音楽を続けるということ

11月も残すところあと数日!
発表会まであと3週間!

昨日は教室リハーサルも行い、発表会に向けて準備が整いつつあります?!

そんな中、今日は嬉しいお客様が。

10年ぶりでしょうか、中学の途中まで教えていた元生徒さんが、
話を聞きたいと教室にきてくれました。

何でも、大学の卒論で音楽教育に関することを書くのだとか。

音楽が好きだったYくん。
中学も吹奏楽部に入ったり、合唱祭の伴奏練習をしたりと頑張っていましたが、

その後もピアノは卒業したものの、
吹奏楽をずっと続けて、

今も続けて、

これからもおそらく続けていくであろうという、
その様子に、
そもそも成長した様子に、感激でした!

素直さ、礼儀正しさは変わらずでも、立派になった教え子の姿を見るというのは、
本当にいいものですね。
(それだけ年を取ったということでもありますが…)


「楽器を続けていくというのは大変ではあります、
練習時間もとられるし・・・
でも、やっぱり楽しいし好きだから続けられる。」

そう話すYくん。

本当にその通り。

続けているから好きになる、

好きだから続けていける、

それを体現しているYくんの様子を、ぜひ生徒さんにもお伝えしたいと思いました。

道はもっともっと先まで続いています。
大変だからって、やめたらもったいない(^^)


教室には、社会人になって、
予想外の転勤で沖縄勤務!になってしまった生徒さんもいるのですが、

帰省のたびにレッスンに来ます。

数カ月に1度のレッスンになりますが、
それでも通ってきてくれることは、私にとっても本当に楽しみであり嬉しいこと!


こんな具合に、音楽が楽しみの一つになる生徒さんが
たくさん増えること、
私の願いの一つです♪

2017_11
06
(Mon)09:36

ブルグミュラーコンクール地区予選の結果

秋のコンクール、ブルグミュラーコンクールの地区予選が終わりました。

教室からは3人の生徒がチャレンジ!

ブルグミュラーは、ピアノ学習者はだれもが通る道といっていいと思います。
練習曲なので、技術力アップのテーマになっていますが、
表現力をアップするためだとわかる、
共感できる内容なので、
みんなブルグミュラーは好んでやりますね(^^)

今回は、ブルグミュラーは始めて!
または練習した曲は数曲、
という3人だったので、Aコースでチャレンジしました。

音の粒をそろえるのに苦心したり、

左右(メロディと和声)のバランスに苦心したり、

音楽を前に進ませ、表現豊かに弾くには?と、

五感をフルに使って練習するのは、
なかなか大変だったと思います。

また、松本先生の特別レッスンも受けて、
3人とも「もうほとんどアドバイスすることはなくなったね。」
というところまで仕上げることができました。

次に繋がる一曲になりました。

思った通りにいかない部分もあったけれど、
予選通過という結果になった人も、

練習通りにできた!という人も、

練習した分を全部出しきれなかった…という人も、

結果は違えど、成長はみんな同じ。

特に、ブルグミュラーコンクールは、実力が拮抗していたので、

会場の雰囲気や審査員の先生方の違い、
参加者の違い、
色んな要素で結果が変わってくるなと痛感します。

結果が出た人も、惜しかった人も、
この経験をどう次に生かすか?というのは十分わかっていると思います。
得たものはあっても、失ったものは何もないのですから!

ゴールはずーっとずーっと先。
また”これから”に向かっていきましょう!!


ブルグミュラーコンクール2017東京大会

新宿地区
小3.4Aコース 奨励賞 1名

武蔵野地区
小3.4Aコース 優秀賞 2名  東京ファイナルへ進出

おめでとうございます!


«»